スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実 -01-


パニ 「…と、まぁ、アリスに話した内容はこんな感じさ」






紗羅 「うん。大体は知ってる内容だわ…。軍に入団してたって事とセレス母さんが混血
     種だった事以外は…」



パニ 「ん。でだ、フィリアを探す為に入団した軍なんだけど…そこが問題だったんだ」


グラン 「問題?」


パニ 「あぁ。…異端者狩りの組織があった場所。所謂本拠地みたいなとこは…
     軍の中にあったんだ」







全員 「!?」


パニ 「街の治安を守るとか言いつつ、その裏では、異端者達に手を掛けていたのさ…」


アレン 「そんな…。じゃ、じゃぁ、僕が入団してる北軍も!?」






パニ 「例外はないさ。東西南北…全軍が絡んでたからね。まぁ、昔の話しさ。
     今の軍には、異端者狩りを行うようなヤツは居ないはずだよ」







グラン 「そういや、考えた事が無かったな。異端者狩りの理由ってのは…。
     一体、なんの為だったんだ?」



紗羅 「そういえばそうね。気づいた時には、混血種との差別は存在してから考えも
     しなかったけど…」







パニ 「これは…聞いた話しだから、どこまでが本当は定かじゃないけど…。
     一つは長寿。ドミニオン族よりもタイタニア族よりも長く生きていける。
     二つめは、特殊能力。稀に見た事の無いような能力を使える子が産まれる
     らしい。魔法でもない、未知の力らしい」



グラン 「未知の力?」


パニ 「うん。…例えば、外見をコピー出来たり、人を操ったりとか。
     通常の知能数や運動能力ですら、純潔三種族の倍以上らしい。
     そんな高い能力を持った人達が居るとして……その能力を持ち得なかった
     人達がみたら…どう思う?当然ながら、その能力を欲するだろう。
     あまり考えたくないんだけど、混血種を対象に…人体実験でもやってたんじゃ
     ないかな?
     そうなると…必然的に反発する者も出てくる」



グラン 「クーデターか…」


パニ 「そうなるだろうね。しかも、純潔種には勝てない争いに…」



アレン 「まさか…異端者狩りの理由って…」





パニ 「そのまさか…さ。混血種の能力に怯えた純潔種が根絶やしにしようと
     したのさ…。」



アレン 「か、勝手すぎる!そんな理由でセレス母さんは・・・」


グラン 「アレン!」


アレン 「っ・・・」





アムニス 「………」


パニ 「……否定は…しない」


パニ 「話しを戻すけど、フィリアの所在が確認できたのは、北軍の上層部。
     さらに、裏での活動…。
     異端者狩りの組織内では、北軍の指揮官に当たるポジションに居たんだよ…」



パニ 「…ふふ。自分の産みの親と、あんな所で再会するとは…
     思ってもみなかったなぁ……」






アリスティア 「…姉さん。フィリアさんと会って…どうした…の?」
















パニ 「………………」






パニ 「・・・・・・てきた」
















アリスティア 「え?」
















パニ 「殺してきたに決まってるだろう・・・」
















おまえたちが望んでたようにな!

コメント

い、いきなり、やられたぜ……!
ゾクッと来ました。

読む楽しみ、書く楽しみ出来たので
凄く張り合いが有ります。負けないぞー!
次も楽しみにしておりまする!

最後のパニさんに鳥肌でした…!

色々明かされていったりにどきどきしております、何て読み応えのあるシリアス…
続きも頑張ってくださいませっ!

最後のパニさんにビクリッとした!
怖さのある凄みではありますが…
苦しんだんだろうな…とか思っちゃう(´・ω・`)
今後の展開がおっかなびっくりドキドキです!

メリー様
嬉しきお言葉っ!
自分の考えた文章が何かと他者様の刺激になるは嬉しい事!
ECOSSさんのストーリーもゾクゾクしております。
今後の展開。楽しみにしてます!

あるす様
画像加工が難しいです。先生(
ゾロゾロと新事実?が明らかになる(はず)ので今後もお楽しみ下さい。

ラクトキャスター様
恨み。妬みの表情って難しいですよね。
色々考えさせられます。
今後はもっと感情が揺れ動く展開がっ!
うまく皆に伝わるといいな!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。