スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみ

 
暗闇の中に佇む自分がいる・・・。

止まることなく、涙は流れ落ち――

自らの手の平は、紅い血の色で染まり始める――。





「いやぁぁああああ!!!」


  
  
  鮮明に思い出す、フィリアの最期・・・。

  勇ましい姿と悲しい笑顔を見せたフィリアの・・・母さんの顔が思い浮かぶ・・・。

  

  復讐と言う感情に全てを焦がし、ただ目の前に居る人物を「敵」としてしか見て
いなかった私の姿に母さんは何を思ったのだろう。


  一方的に捨てられたと勘違いして・・・
  セレス母さんを意味無く殺したと勘違いして・・・
  妹や弟達の心の声を疑いも無く受止め・・・
  恨みに怨みを募らせ、まるで鬼神と化した娘を目にして・・・・・・


  母さんは何を思ったのだろう・・・





悲しみ02
「ひくっ・・・。セレス・・・母さん・・・。私・・・どうしよう。
    ずっと・・・ずっと勘違いしてた・・・・・」



  セレス母さんが最期に言った言葉を思い出す。


  『皆を信じなさい』

  この言葉の意味は・・・・・・。
  本当の意味は・・・・・・。





悲しみ03
「っ・・・。あれ・・・母さんも信じろってことだった・・・の?ねぇ!」


  どんなに叫んでも・・・

  どんなに謝っても・・・・

  どんなに涙を流しても・・・

  



  一度失ったものは・・・戻って来ない・・・・・・。



  自らの手で殺めた母は・・・もう戻って来ない・・・・。




悲しみ04
「母さん・・・。ごめん・・・なさい・・・・・・」

コメント

くっ……クリスマスにこれか……!
やられた気分です(

そして最後のコマ、力入ってますね。
不覚にも可愛いと思ってしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。