スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ -01-


ヴェイカス 「やはり・・・・・・ここに居たか・・・」






パニ 「・・・・・・」

ヴェイカス 「・・・ふぅ。お前が出て行くから言いそびれた事がある」


パニ 「なんだよ・・・」


ヴェイカス 「・・・フィリアを殺したのは・・・俺だ


パニ 「!?」






ヴェイカス 「あの時受けていた彼女の傷は急所を外れていた。
        ……だから、あの後すぐにでも治療を受けていれば一命は取り留めて
        いたはずなんだ」



パニ 「・・・・・・・じゃぁ・・・どうして!?」


ヴェイカス 「彼女の意思だ。おまえとアムニスに対する償いと・・・
        セレスを一人に出来ないってな。ただ、あのまま死を待ち続けるには、
        少し時間が長過ぎた。楽になりたいと、あいつから言ってきた」



ヴェイカス 「だから・・・・・・俺が止めを刺した・・・・・・」


パニ 「・・・・・・・・・」


ヴェイカス 「納得・・・しないか・・・」


パニ 「しないよ…。もし、その時にヴェイカスが居なくて、
     誰にも発見されなかったら同じ結果になるんだ。
     全ては……復讐と言う言葉に駆られた自分が悪いんだ…」


                     ホントウ
ヴェイカス 「しかし、あの時は…真実の事を知ってるヤツがお前達の傍に居なかった。
        仕方が無い…とは思わないか?」







パニ 「思わないっ!思いたくないっ!!
    そんな!そんな簡単な言葉でなんかっ!







ヴェイカス 「それならどうすると言うんだ?自分を責め続け…その後はどうする?
        自ら『死』を受け入れるのか!?
        セレスとフィリアが…二人の母親が命を懸けて護り続けた
       その命を無駄にすると言うのか!?



パニ 「!!


ヴェイカス 「そのペンダント。セレスの形見だろう?その時に交わした
       約束はどうなる!?妹や弟達に、あの時の悲しみをもう一度与える
       つもりか!?その方がよっぽど残酷だと思わないのかっ!



パニ 「ヴェイ……カ……ス………」






生きてくれ。頼むから…生き続けてくれっ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。