スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ -03-


パニ 「………」






ヴェイカス 「………」


パニ 「無理…なの?どう足掻いても…もう…」


ヴェイカス 「あぁ。例え、今『器』があったとしても…すでに手遅れだ」


パニ 「っ…」






ヴェイカス 「それに、お前は一人ではないだろ。ちゃんと血の繋がりのある
        アムニスが居る。共に生きてきた弟と妹達がいる。
        他にも、アクロポリスで出会った友人も居るだろう?
        そいつらを悲しませる様な事はするな」







パニ 「……でも、あの子達は……」






ヴェイカス 「目を逸らすな。耳を塞ぐな。心を閉ざすな!
        ちゃんと真正面向いて、あいつらの言葉の聞いてやるんだ。
        何も怖がることは無い。皆、お前の事を愛してくれている。
        だから今まで一緒に居てくれたんだ。そうでなければ、お前の許で
        暮らしてる意味がない。
        セレスにも言われただろう?皆を信じろと…」



パニ 「と…う……さん?」


ジャス 「ははっ…。時間が経つのは早いな。本格的に限界が来たようだ」






アムニス 「姉さん…。父さんっ!?」


パニ 「アムニス…」


ジャス 「アムニス。……お前にも…辛い思いをさせたな。すまない」


アムニス 「ン…」


ジャス 「俺との約束は覚えているか?」


アムニス 「うん











  そうか。…任せたぞ?











  うん











  パニ。俺達はずーっとお前達の傍に居る。
  お前達の心の中で永遠に
…な












  待っ……て………











  強く……生きて………





















                  父さーーん!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。