スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贈り物。そして・・・


紗羅 「うーん。コレは合いそうにないわね…」


グラン 「……」

紗羅 「これだとあの髪型には似合わないし…。うーん。困ったわ…」






グラン 「…紗羅?何してんだ?こんな隅っこで…」

紗羅 「キャッー!!??」

グラン 「うぉお!?」






紗羅 「に、兄さん!!帰ってたの!?」

グラン 「ン。たった今だけどな。紗羅こそ、何をコソコソしてるんだ?」

紗羅 「あ。えっと……。か、髪飾り!そう。髪飾りが欲しくって雑誌を漁ってたの!」

グラン 「髪飾り?…あぁ。服装を和装にしたからか…」

紗羅 「そ、そうそう。そうなのっ!」

グラン 「・・・・・・今してるのじゃダメなのか?」

紗羅 「これ、ちょっと似合わない気がして…。もっと可愛いのなかいなぁって・・・。
    でも、イマイチいいの無いから、当分はこのままでもいいかなぁって思ってみた
    り…」


グラン 「ふーん…」






紗羅 「あぁ!そうだわっ!夕飯の買い物まだだったの!ちょっと行ってきますっ」

グラン 「え?あ…荷物持ちしてやろうk……って、行っちまったし」

グラン 「ふむ。髪飾りねぇ…」

グラン 「………」

グラン 「……………」






グラン 「おい。ここに和装特集が載ってるじゃねーか。どこ見てたんだ?あいつ…」
















紗羅 (びびびびびっくりしたわっ!突然帰ってくるなんて反則よっ!)

紗羅 (でも、最後に見れたあの服なら…似合うはず!早く買いに行かなきゃ…)


















紗羅 「ただいまー」

グラン 「おかえり」

紗羅 「あら?姉さん達はまだ?」

グラン 「おう。遠出するって言ってたからな。遅くなるんじゃねーか?」

紗羅 「そっか」






グラン 「・・・・・・・・・」

紗羅 「・・・・・・・・・」

グラン 「あー…。紗羅?」

紗羅 「はい?」






グラン 「コレ・・・やるわ」

紗羅 「え?」

グラン 「髪飾り欲しかったんだろ?」

紗羅 「・・・・・・・・・」

グラン 「おまえなぁ・・・。あの雑誌、どこ読んでたんだよ?
     最後の方に和装特集やってたじゃねーか。
     そこに色んな髪飾りも載ってたんだぜ?気付かなかったのか?」


紗羅 「・・・・・・・・・」

グラン 「紗羅?」

紗羅 「・・・ふふ。・・・・・・・・・あはははっ」

グラン 「!?」

紗羅 「ご、ごめんなさい。笑って。あははっ」

グラン 「んだよ・・・?」

紗羅 「だ、だって・・・兄さんがこんなの買ってきてくれるなんて思わなかったから・・・」






グラン 「あれだ。おまえにも…色々辛い想いをさせたから…な」






紗羅 「気にしなくて…いいのに。辛かったのは皆一緒よ・・・」

グラン 「・・・俺にとって、おまえは特別だ」

紗羅 「兄さん。その言葉は皆の前では禁句よ?」

グラン 「わかってる」

紗羅 「ふふ。でも嬉しい!大切にするわ!・・・・・・それじゃ、私も兄さんに」

グラン 「へ?」






紗羅 「たまにはイメチェンしても・・・いいんじゃない?」

グラン 「これは…」

紗羅 「悪くないと思うんだけど」

グラン 「いいなぁ・・・。早速着てみるかっ!」






グラン 「どうだ?」

紗羅 「良かった!似合うわっ!」

グラン 「そ、そうかっ」

紗羅 「うんうん。その髪型に合う服装探すの大変だったんだから、ちゃんと使ってね?」

グラン 「当たり前だろ?・・・ふむ。紗羅も似合うじゃないか」

紗羅 「ええ。宝物だわ♪」






グラン 「・・・・・・」







紗羅 「・・・・・・」

















多くの言葉を交わさなくても

私達の想いは同じ


誰にだって秘密は持っている

その秘密を私達も持っている


俺達の秘密が家族の誰かを悲しませるかもしれない

私達の秘密で家族の絆が壊れるかもしれない


強く結ばれている絆でも…

ちょっとした切欠で崩壊してしまうほど、私達の家族は脆く…そして儚い

それを…セレス母さんの死で実感した

立ち直る事だって出来るけど…

あの頃と同じ様な想いをするぐらいなら…

私は…

俺は…

心の扉に鍵をかけよう





























これは、本当にここだけの話し。

パニ姉とアムニスの様に・・・

俺と紗羅は血の繋がりがある兄妹だと言うことを・・・。






どうか、この話しを目にした人も、口を紡ぎ、心の扉に鍵をかけて下さい。
このお話しは、内緒のお話しですよ…。


コメント

な、ん…だと…っ
実は二人はLoveだったのか!?
なんて勘ぐってごめんなさいっorz!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。